介護のためにソフト食を取り入れよう|手軽に利用可能

見た目も鮮やかな食事形態

食事

新しい食事形態

人は食事をする際に嚥下という飲み込む行為を自然と行います。通常ではこの飲み込む際に、肺や気管は空気と食物を判別して胃に送る運動・反射を行います。しかし加齢等により反射反応が鈍くなったり、飲み込む筋力が低下してしまう事があります。その際は食事の形態を変えて、飲み込みやすく誤嚥を防ぐように対応する事が大切になります。介護現場では以前より食事形態を変更する様にしていました。その形態には数種類あり、代表的なのが普通食・きざみ食・ペースト食です。嚥下が困難な方には段階的に形態を変えます。施設等ではこの食事形態を個人に合わせて用意する事は可能ですが、自宅ではどうでしょうか。きざみ食も手間ですがペースト食となると毎日準備するのは難しいです。また見た目もペーストなので、何の料理か判別するのは難しいです。食事は味は大切ですが見た目も重要です。食欲をそそる見た目でないと食欲低下を引き起こす可能性もあります。そこで見た目も良い形態としてソフト食が作られました。ソフト食は寒天やゼラチンで形状を作成した食事です。見た目も色も元の食材そのままで準備ができます。在宅で準備する大変さは変わりません。そこでソフト食を宅配弁当や通販で頼むことが可能になっています。高齢者向け宅食企業は多く、ソフト食も対応している場合がほとんどです。それほどソフト食は介護業界では当たり前の形態になっています。噛む事や飲み込む事が大変な方に、ソフト食は食欲低下も誤嚥も防げる新しい食事形態です。