介護のためにソフト食を取り入れよう|手軽に利用可能

高齢者でも安心な食事

男女

介護食には種類も

高齢者になると若い頃と違って体に様々な問題が起きるようになりますが、人によっては噛む力や飲み込む力が弱くなってしまう場合があります。そうなってしまうと普通の食事は摂れないようになることもありますが、食事というのは健康を維持するためには欠かせないものです。そのため、そういった噛む力や飲み込む力が弱くなってしまった人でも食べることが出来るようになっているのがソフト食です。ソフト食はやわらか食とも呼ばれることがありますが、名前の通り普通の食事と違って柔らかくなっているので噛む力が弱くなっていても食べることが出来ます。また、すでにまとまっている状態になっており飲み込みやすいようにも工夫されています。ソフト食は家庭でも作ることが出来ますが、最近では市販もされているために手軽に購入することが出来るようになっています。ソフト食は介護食に分類されていますが、実は介護食にはソフト食だけではなく様々な種類が存在しています。刻み食は通常の食事を細かく刻んだものであり、噛む力は弱くなっているものの飲み込む力はあるという人に適している食事となっています。ミキサー食はミキサーでドロドロの状態にしてある食事であり、噛む力も飲み込む力もだいぶ弱ってしまっている人でも食べることが出来る食事となっています。このように介護食にはソフト食以外にもいくつか種類があるため、介護者の状態に合わせて適切な食事を選ぶことが大切です。